サンビルド
サンビルド建築日誌
北国の暮らし
こんにちは、真冬日が続いていますが皆さんは如何お過ごしですか?


寒さ対策は万全でしょうか?暖冬という長期予報でしたが


昨日より降り続く雪は津軽地方にも大雪をもたらしたそうです


こんな時に住宅では特に東側に雪庇などせり出して危険な状態になります


大きく成長する前に落とす様にして下さい


又、落とす前にストーブの排気筒などないか確認の上落として下さい


そして、手に負えない様でしたらサンビルドまで連絡下さい。



サンビルドでは、今日と明日で住まいの相談会を開催しております。


本日御来店頂きましたお客様有難う御座いました


説明会に関係すること以外でも住まいの事ならなんでもお気軽に

御相談下さい


フェアの詳細はこちら

H241.28-29フェア  

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております<(_ _)>


ぜひぜひお越し下さい。


サンビルドHP   http://www.sunbuild.net 



リフォーム担当のクドウでした

ブログランキング参加しています!
 ☆ポチっとお願いします☆
  ↓ ↓ ↓ ↓




スポンサーサイト
冬の準備⑧
冬の準備⑧



冬の準備シリーズ 玄関廻りの例です!

皆様のお宅には風除室は設けられていますか??

冬場、雪の多い日にはやはり風除室が有ると無いとでは

随分違いが出ます。風除室があればそこで一旦外気を

シャットアウト出来ますので、吹雪の日でも玄関の中に

雪や冷たい空気が大量に入り込むのを防いでくれます。

吹雪のなかだと玄関の鍵を開けるのも大変ですよね。

玄関から外へ出るのも同様ですね。

暖房のロスはやはり玄関廻りが大きいです!

風除室を設ける事でドアの開閉時の暖房ロスが格段に減りますし、

二重サッシと同じ様な考え方で、空気層がひとつ出来ますので、

ドアから感じる冷気も随分変わってくると思います。

また、コートなどに付いた雪をそこで払えば、玄関内に雪を

運ばなくなります。

こちらの地域のコンビニなどを見てもほとんどの所には、やはり

風除室が設けられているのではないでしょうか?


風除湿はサイズや種類、カラーなども多種多様です。施工の一例が

こちらです。




風除室設置 
設置前です、一般的な玄関廻りですね



風除室設置 (1) 
風除室を設置しました。入口は引き違い戸で、左側は硝子のFixです。



状況にも寄りますが、注文から取付までの納期は

10日~2週間程度ですが、設置の作業は1日~2日で

完了してしまいます。

今からでもまだまだ間に合いますので、御要望の方は

サンビルドまでお問合わせ下さい。先ずは現地確認に

伺い、無料見積と提案をさせて頂きます。




サンビルドホームページはコチラ ☞ http://sunbuild.net/

工事施工部 古川でした
 
ブログランキング参加しています!
 ☆ポチっとお願いします☆
  ↓ ↓ ↓ ↓




冬の準備⑦

冬の準備⑦


冬はもうすぐそこまでやって来ました!

冬の準備シリーズ今回は前回の融雪機の親分を紹介します。



埋設型パワー融雪機 「融雪王」 HS-2200シリーズ



平成14年度北海道地方発明表彰 「北海道知事賞」受賞
平成19年度札幌商工会議所認証 「北のブランド」認証

頑固な雪もどんどん融かす「竜巻燃焼方式」

どんな雪でも任せて安心、融雪王の融雪力!






■埋設型パワー融雪機「融雪王」の特徴。

製品・性能のここがPoint!

低温水散水熱・接触熱・排気熱のトリプル効果!
 頑固な雪もどんどん融かします。融雪効率は驚異の99%!※HS-2200-5GM・6GM

●新開発の竜巻燃焼方式!
 完全燃焼で臭いやススがでません。

●静音設計で運転音が静か!
 特殊な燃焼缶構造による驚異的な静音設計。

 ●静音設計で運転音が静か!
 特殊な燃焼缶構造による驚異的な静音設計。騒音値(雪投入時)58dB(HS-2200-3GM)

●理想的な扇状の大量散水方式!
 融けた雪を循環して利用しており、左右の6箇所、前後の2箇所から霧状でもシャワー状でもない、理想の扇状散水。しかも大口径で目詰まりなし!
 大型の特殊散水ノズルが全8ヵ所装備!!

●車が載っても大丈夫な頑丈設計!
 普通乗用車1.5tの耐荷重。

●どぶづけ亜鉛メッキでサビに強い!
 本体及び外蓋はサビをよせつけない、溶融亜鉛メッキ処理(どぶづけ)をしました。このメッキ処理のメッキ皮膜は合金反応により、衝撃や摩擦によっても剥離しません。

安全・安心・使いやすさのここがPoint!

●タッチパネルで簡単ラクラク操作!
 散水と燃焼のスイッチを押すと運転開始。あとは雪を入れるだけ。

ゴミ受けネットで掃除が簡単!
 2重構造のゴミ受けネットでラクラク清掃。

■融雪王の安全・安心の気配り設計

●水温センサー兼空焚き防止センサー
●火炎監視装置
●上蓋倒れ防止
●漏電監視装置
●バーナー室水位監視センサー
●排気逆流防止
●施錠安全装置
●停電時安全装置
●凍結防止ヒーター
●接近防止枠

■「融雪王」HS-2200シリーズは敷地に合わせて4タイプ

 


それでは施工例を紹介します。

機械の大きさは畳1帖より少し大きいです。

埋め込み型融雪機 


機械埋設 
穴を掘って機械と排水用の桝を埋め込みます。



コンクリート打設 
電源や灯油の配管、側溝へ排水管を接続した後で、周囲をコンクリートで固めます。



完成 
型枠を外し、周囲の整地をして完成です。
作業的には2~3日程度です。


硬い雪もガンガン融かしますが、灯油代や電気代はそれ程かからないそうです


 

■システム図







興味のある方はサンビルドまでお問合わせ下さい。



工事施工部  古川でした。


サンビルドホームページ    http://sunbuild.net/


ブログランキング参加しています!
 ☆ポチっとお願いします☆
  ↓ ↓ ↓ ↓







冬の準備⑥
冬の準備⑥


冬の準備シリーズ

冬の除雪で捨てる場所が無いので融かしてしまおうという事で、

融雪もロードヒーターや屋根ヒーター、融雪機など色々ありますが

今回紹介するのは行動式融雪機です。

 

■新開発のトルネードファイアで脅威の融雪力

強力バーナーにより燃焼室で炎が渦を巻くトルネードファイアが、驚異的なパワーでグングン雪を融かします。その上、融けた雪が温水の水溜となりさらに融雪を促進、融雪時間を大幅に短縮しました。
●火災周回燃焼方式  

  

小さい、軽い、移動もラクラク!驚異のパワーで

グングン融かす!


yusetsuoutarou-1.jpg



■移動式融雪機 融雪王「太郎」の特徴。

接触熱排気熱温水オーバーフローで強力融雪!

●小型・軽量なので雪上移動もラクラク!
 おおきなソリッドゴムタイヤ装備で誰でもカンタンに移動できます。


yusetsuoutarou-3.gif ●投雪パネルが移動できるため、

                                                      左右どちら側からでも自由に投雪OK!


●「スイッチポン」のワンタッチ操作でラクラク運転。

高さ調整機能付スタンドで排水もスムーズ。

●ボディ及び投雪パネルに「特殊素材ZAM」を使用しサビに強く耐久性バツグン!

●投雪スロープでスノーダンプの投雪もラクラク! ※オプション装備



 

■移動式融雪機 融雪王「太郎」はこんなに融ける!

スノーダンプ1杯分 約15kgのこしまり雪の場合


 

■移動式融雪機 融雪王「太郎」のオプション品(別売)

収納カバー
排水延長ホース 5m
投雪スロープ
スノーダンプ用


■安心のメンテナンス・保管サービス <オプション>

保管場所のない方や、清掃・整備が心配という方へ安心のサービスです。
1. シーズン終了後の引取・配送
2. 引取後、メンテナンス作業・シーズン開始までの保管
3. シーズン開始時にご自宅へ配送

※コースは数タイプあります。
※一部お取り扱いできない地域がございます。詳しくはお問い合わせください。




 

■システム図



といったスグレものです!!

朝起きたら道路の除雪が入っていて家の前には山盛の雪が

なんて事も頻繁にありますよね。そんな時も「太郎」がいればあっという間に

ガンガン融かしてくれます朝の時間が無い時の強い味方です


興味のある方はサンビルドまでお問合わせ下さい。



サンビルドホームページ ☞ http://sunbuild.net/


工事施工部  古川でした






冬の準備 番外編
冬の準備 番外編



建物の外壁は・・・傷むものです

 

 

冬の準備シリーズ番外編という事で、建物の外壁についての事例を


紹介したいと思います。

 


皆様冬場の除雪って大変ですよね、集めたのは良いが捨てる場所も無い・・・

 

敷地に余裕の無い場合や住宅街では意外と建物側に積み重なってしまったり

する事も
多いのではないでしょうか?

 

コンクリートの基礎は雪がかぶってもこれといって問題はないですが、

 

表面のモルタルが変色する事も間々あります。

  


建物基礎 
基礎:基本的にはコンクリートにモルタル塗りです(外断熱工法の場合は別)



気を付けてもらいたいのが外壁サイディングです。特に一番下は注意です。

 

雪がかぶっている状態が長く続くとサイディングの表面が膨れてきたり、

 

それをそのままにしておくと表面が剥離してどんどん被害が大きくなります

 

いわゆる「凍害」です。サイディングは水を吸います。



  
外壁の凍害2-1 
表面の剥離が始まります



外壁の凍害1-1 
表面の剥離からサイディング材の劣化に至ります

 


こうなると補修は難しく、張り替えになる事もあります。

 

建物の外壁なども放っておいて良い物ではありません。何十年と保つ為には

 

メンテナンスが必要です。経年劣化による腐食も出てきます。

コーキングの劣化からも被害が出ます。
 

塗装や張り替えなど長期計画的なメンテナンスを考えましょう。

 



・・・とはいってもやはり排雪する場所が無い所は大変ですよね


 

という事で次回は融雪機の紹介をしたいと思います。


工事施工部 古川でした


サンビルドホームページはコチラ  http://sunbuild.net/






プロフィール

サンビルド

Author:サンビルド
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード