サンビルド
サンビルド建築日誌
「太陽光発電」


工事施工部  古川です。


ここ2~3日は天候も落ち着いた様相をみせていますが、

この先1週間くらいはまだ気温も低く雪も降るようですね



さて、今回は太陽光発電についてちょっと考えてみたいと思います。

巷では節電、省エネがあちらこちらで見受けられますが

住宅金融支援機構が昨年11月に住宅取得にかかる消費実態調査

の結果をまとめています。

それによると「太陽光温水器・太陽光発電システム」の購入世帯比率が

10.5%にのぼり、前回2003年の調査時と比べて約8倍に拡大している

ことがわかりました。特に新築戸建てでは約6世帯に1世帯の割合(17.5%)で

太陽光発電システムを購入していました。

まだまだ太陽エネルギー機器は高額でありますが、これから確実に普及して

いきます。我々サンビルドもお客様に正しい情報を満足度の高い状態で

提供できるようにしていきたいと思います。



太陽光発電は「なぜ必要」でどういった「メリット」があるのかと考えてみた事は

ありますか??

漠然と「電気料金が節約になる」とか、「発電した電気を売る事ができる」などは

想像されると思います。


客観的ではありますが、太陽光発電について次のような事が考えられると思います。



◆環境教育の観点から

 省エネや環境への教育は学校だけではなく、家庭でも環境問題に取り組んで

いると、子供に見せる為。


 太陽光発電モニターがある事によって、発電した電力量で電気代を賄おうという

意識が生まれ、省エネ意識が生まれる。


◆将来のリスクに対して

 
老後の年金給付額は減る事が予想される。今から設置しておけば老後を迎える

頃には投資回収も終わるので、光熱費の分は貴重な年金から払わなくても良い。

これから子育てであれば、丁度10年~15年後に投資回収が終わるので、お子様が

高校から大学にかけての期間に光熱費の分が月々1~2万円浮いてくる。


 エネルギー価格が高騰した時のリスクヘッジにもなる。


お客様にとってこの様な大きなメリットがあると思います。

設置する屋根の形状や建物の方角的な配置、立地状況などの条件で大きく

左右されますが、興味のある方はサンビルドまでお問合わせ下さい。



ご家庭で使用する電気代、「太陽光発電」でグッと減ります。

太陽の光エネルギーを電気に変え、ご家庭で優先的に使うことができるソーラー発電。
お昼間太陽がサンサンと照っている間は、このシステムでテレビや冷蔵庫、
エアコンなどの電化製品を動かすことができます。使っている電気の量よりも、
発電している電気の量が多ければ、その間の電気代は基本的には無料です。
特別なことは何もせず、気軽に創エネルギーができ、エコな暮らしが
はじめられるのです。

余った電力は、電力会社に売ることができます。

電気を自給自足といっても太陽が出ていない夜などは、従来どおり電力会社から
電気を買うので、電力会社ともつながっています。昼間に発電し、余った電気は
電力会社に売ることができます。売る電気と買う電気のやり取りは自動的に行われ、
特別な操作は要りません。月単位で買った分の電気代は電力会社に支払い、
売った分の電力料金はお客様の銀行口座に振り込まれるカタチが一般的です。



イメージ画像:朝は買電/昼間は売電/夜間は発電終了 

くわしくは資源エネルギー庁
「太陽光発電の余剰 電力買取制度」サイトを御覧ください。

          新しいウィンドウで開く:あしたを支える。みんなで支える。太陽光発電の余剰電力買取制度にご理解ご協力を。 経済産業省 資源エネルギー庁



多雪エリア(北海道や北東北)でも年間の発電量は全国的にそれ程大きな

差はなく、弘前市などでも全国的に見ても低くありません。 



また、設置工事の際には国などから補助金が支払われます。

        


サンビルドHP     
省エネ・創エネに取り組むサンビルド

ブログランキング参加しています!
 ☆ポチっとお願いします☆
  ↓ ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sunbuild0661.blog12.fc2.com/tb.php/276-9e1c5087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サンビルド

Author:サンビルド
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード